積立投資とは?メリットをわかりやすく解説

積立投資とは?メリット・デメリットなどをわかりやすく解説

積立投資とは、ある一定の金額を定期的に少しずつ買い増していき、コツコツと資産を増やしていく投資方法です。誰でも始めやすいうえに、投資リスクを減らせます💡

一般社団法人 投資信託協会の「2021年度投資信託に関するアンケート調査報告書(2022年3月)」によると、20~79歳の男女20,000人のうち、積立投資利用率は62.7%と2020年度より9.7%高い数値となっていました✨

とくに20代は80.9%、30代は80.1%と、年齢が若い方ほどつみたてNISAなどの投資を行っている方が多くなっています🌈😆

積立投資は、安全性の高さから初心者にもおすすめしやすい投資方法です。以下では、積立投資における4つのメリットを解説します🔥

メリット1.時間分散によって投資リスクを低減できる

積立投資のように、金融商品を決まったタイミングで定期的に一定額ずつ購入する方法を「ドル・コスト平均法」といい、時間分散のメリットを得ることができます。時間分散のメリットとは、価格のブレを抑え、リスクを軽減する効果です✨

「ドル・コスト平均法」では、価格が安いときは相対的に購入する数量が増え、反対に価格が高いときには購入数量が減ることになります。そのため、積立期間中の購入価格を平準化することができ、投資タイミングによるリスクの軽減(=時間分散)を図ることができます。定期的に同じ数量を買い続けるより、結果的に1単位当たりの平均取得価額が割安となるので、長期投資に向いています💡

このように購入単価が平準化されるため、期間が長くなればなるほど、投資のリスクを軽減することが可能となります🌈😆

メリット2.少額から手軽に始められる

つみたてNISAを利用した積立や、投資信託の積立(投信積立サービス)であれば、月々100円から投資を始めることができます。少額からコツコツと投資できる積立投資は、20年、30年という長期で資産形成をする必要がある20~40代にこそ適した投資方法といえます🔥

メリット3.購入タイミングに悩まない

株式や投資信託のように、値動きのある金融商品に投資する際に悩ましいのが、「いつ買っていつ売るか」という売買のタイミングです。「安く買って高く売る」これが投資成功のセオリーですが、こまめに価格をチェックするのも難しく、セオリー通りにはいかないものです。特に投資初心者の方は、タイミングに悩んでなかなか購入に踏み切れないこともあるでしょう✨

積立投資では、金融商品を購入する頻度や金額を予め決めておくと、その設定に従って自動的に買付が行われます。そのため、日頃忙しい方でも買付のタイミングに悩んだり注文の手間をかけることなく投資を続けることができます👀

積立投資のおすすめ

積み立て投資にもいくつか種類があります。しかしながら、初心者が気軽に投資ができる商品は限られています。そこで…、編集部では、おすすめを紹介します💡

積立投資おすすめつみたてNISA

つみたてNISA

「つみたてNISA」(積立NISA)とは、「長期の積立投資」に特化した「NISA」(少額投資非課税制度)のこと。手元に多額の資金がなくても無理なく始められ、利益が非課税になるお得な制度として関心が高く、「つみたてNISA」の口座開設数は2018年1月の制度開始スタートから2年半で417万口座を突破(2021年6月末時点)しています✨

つみたてNISA Point1.運用利益が非課税!(通常は約20%の税金がかかる)
2.投資できる上限は年間40万円(1ヵ月あたり約3万3000円)、少額でも投資可能
3.非課税期間は2018年〜2037年の最長20年(NISAは2023年までの最長5年)
4.運用商品は長期の積立・運用に向くもののみが対象で、投資初心者も選びやすい
5.自動積立なので買い時を考える必要がなく、手間がかからない

つみたてNISAのおすすめのネット証券

中でもLINE証券は、いつものLINEから株式の購入ができるため、初心者を中心に人気が高まっています💡

LINE証券は、「林先生の初耳学」などバラエティー番組でも取り上げられているほか、3株プレゼントやいきなりタイムセールなど初心者に優しい他のネット証券はあり得ない、独自のキャンペーンが話題を呼んでいます😊

さらに…、LINE証券も2022年2月からつみたてNISAの取り扱いをスタートさせるなど、初心者目線の金融商品を充実させているので、資産運用にぜひ活用したいネット証券でもあります🌈😆

\独自のキャンペーンで異彩/