相場事例その21 エルピーダメモリの破綻劇

相場事例その21 エルピーダメモリの破綻劇

 導入部分

 エルピーダメモリは2012年2月27日、東京地裁に会社更生法の適用を申請し、経営破綻しました。負債総額は4480億円と製造業では当時戦後最大。急激な円高により、価格競争力を失い経営環境が悪化していきます。日本で唯一のDRAM(ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリー)専業メーカーで、シェアは世界3位でした。そんなエルピーダの破綻劇を振り返ります。

【DMM 株】口座開設

 詳しく解説

 エルピーダメモリは1999年、日立製作所とNECのDRAM事業が統合され、NEC日立メモリという社名で誕生。翌2000年にエルピーダメモリに社名変更を実施する。2003年には三菱電機のDRAM事業も引き継ぎます。広島、秋田、台湾に生産拠点を持ち、従業員数は約6千人弱でした。

 その後、世界市場で2009年のDRAM価格が急落したことや急激な円高の影響で、エルピーダの経営は大きな岐路に立たされます。2009年に日本政策投資銀行から300億円の出資を受けます。但し、この資本注入額が中途半端だったのです。借入額で1000億円を超えるシャープなどと状況は大きく異なります。1000億円あれば、「Too big to fail(大きすぎて潰せない)」状況になり、メガバンクなどからの支援を受けることができたかも知れません。

 また、DRAMの主な納入先であるアップルの担当者が、2011年12月・2012年1月に日本の政投銀を訪れ、「DRAMは重要なのでエルピーダをサポートしてほしい」と頼んだそうです。アップルは、サムスン1強になることを懸念しての動きでした。ところが、政投銀は、「日本にDRAMは必要ない。韓国から買える」と言ったそうです。この発言を聞いたアップルの担当者は呆れたそうです。

 エルピーダは2月27日に会社更生法を申請し、破産します。その後、スポンサー企業探しに奔走することになります。支援に名乗りを上げたのは、東芝とDRAMメーカーの韓国ハイニクス、投資ファンドの中国ホニー・キャピタル、本命のマイクロンだった。

 紆余曲折を経て、マクロンは2000億円に加えて、追加で設備投資800億円を申し出た条件が最もよい条件となりました。こうして米マクロン傘下で再建を目指すことになります。なお、エルピーダは2012年3月28日に最終取引額1円で取引を終えることになります。

【関連リンク】
・政治ニュース その3 菅政権誕生で地銀再編が進む
・相場事例その2 無策な経営者に沈んだパイオニア
・証券口座開設で株式投資デビュー!
・第6級 その2 世界の時価総額企業を知る
・経済ニュース その1 リーマンショックを振り返る

「ゲーム理論」って、経済学の本やビジネス書でも見かける用語で、とても役に立つらしいけれど、いざ関連書を手にとってみると、難しい。本書は、「ゲーム理論」をなんとか理解したい、数学的な理論にはついていけないがどのような考え方をする学問なのかを知りたいという、読者の切なる願いに、カリフォルニア大学バークレー校准教授の著者が応えるゲーム理論の超入門書!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です