上場前の株は金の卵

上場前の株が上場すれば金の卵になる?

 上場前の株式は紙切れです。会社自体は存在し、上場準備をしている会社であっても上場するまでは、売買することは出来ないからです。上場すれば自由に売買できるようになるので、株式を自由に売買することができるのです。特にイケイケの会社ですとどんどん株価は上がっていきます。

大金持ちの大半は株式投資で資産を築く

 上場前の株式は実は金の卵です。事業内容がよければ、上場後もどんどん成長できる価値があります。

 現在億万長者のソフトバンクの孫正義さんや、楽天の三木谷さんなども会社を上場させることで資産を築いているのです。その他のベンチャー企業の多くの社長が株式上場を果たすと億万長者になるのです。

怪しい時に投資をできる勇気があるかどうか

 昔ソニーは東京の小さな町工場から始まります。あるとき、掃除のおばちゃんに給料が払えず、代わりに株券を配ったそうです。その当時はかなりのお叱りをもらったそうです

 ところが、ソニーはその後、世界的な会社に成長します。おばちゃんが貰った株券は数十億円の価値になり、巨万の富を得たそうです。株式には、こうした魅力があるのです。

会社誕生から成功まで100社に2社

 一方で会社が儲かるかどうかはギャンブルです。ベンチャーキャピタルによると、100社に投資をして2社が大当たりし、5社が当たりになると言われています。

 世の中のいいアイディアや技術がものになる可能性はとても低いのです。世の中を変えることが出来る技術は成功すれば、世の中を変える可能性を秘めていますが、失敗するリスクが圧倒的に大きいのです。

【まとめ】
最初はダメな会社でもソニーのようにな大企業になれば、億万長者になれる
孫さんのような億万長者の多くは株式による保有
・証券会社を徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。