経済講義 その9 なぜ銀行は経営が悪化すると公的資金で救済されるの?

経済講義 その9 なぜ銀行は経営が悪化すると公的資金で救済されるの?

 導入部分

 日本の大手金融機関は、2002年頃公的資金を注入されました。バブル期に過剰融資した後遺症で、1998年には山一證券や、北海道拓殖銀行など大手金融機関の経営破綻が相次ぎ、政府主導で日本でも三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行などのメガバンクが誕生します。同時に公的資金が注入され、国の管理下に置かれることになりました。

【DMM 株】口座開設

 詳しく解説

 民間の私企業が経営が悪化すると、最悪の倒産するケースもあります。しかしながら、銀行などの金融機関の場合、経営が悪化しても必ずしも倒産する訳ではありません。銀行が倒産すると、銀行の貸出先も連鎖倒産する懸念があるからです。

 銀行は、経済の血液の役割を果たしていると言われています。預金者から集めた預金を企業などに貸し出することで、経済を循環させる役割を果たしているのです。中には、自転車操業的に資金を回す企業もあり、銀行が貸し出しを渋ってしまうと、連鎖倒産し、多くの失業者を生んでしまう懸念があるのです。

 このため、1998年頃から経営悪化した大手銀行に対して、政府は公的資金を注入することになります。特に小泉政権下の2003年には、竹中金融担当大臣がりそな銀行などに約2兆円の公的資金を注入するなど、大手銀行を一時的に国有化していきます。この当時はりそな銀行はもうダメだと言われていましたが、抜本的な経営改革を行い、2014年に公的資金を完済するのです。

【関連リンク】
・政治ニュース その3 菅政権誕生で地銀再編が進む
・ヤオコー連続31期連続増収増益でギネス街道を突き進む
・証券口座開設で株式投資デビュー!
・第6級 その2 世界の時価総額企業を知る
・経済ニュース その1 リーマンショックを振り返る

生き残りをかけた競争が今始まった!アマゾンが仕掛ける物流革命から、今、経済の地殻変動が起こり始めている。ウォルマート、楽天、ヨドバシカメラ─アマゾンに立ち向かうための戦略はあるのか? あらゆるビジネスを飲み込む巨人アマゾンの正体とは? 流通先進国アメリカで取材を重ねる気鋭の物流コンサルタントが、日米ビジネスの最前線からレポートする!

経済講義 その9 なぜ銀行は経営が悪化すると公的資金で救済されるの?」への1件のフィードバック

  • 2021年2月10日 @ 6:11 PM
    パーマリンク

    AHHH, I hope it does!!! I was thinking of organising something next summer???? Maybe??? But YEEES!!! xx Juliane Thibaut Sapphera

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です