第6級 その7 過去の日経平均の騰落幅ランキングを知ろう!

第6級 その7 過去の日経平均の騰落幅ランキングを知ろう!

 導入部分

 日経平均株価は、毎日上下を繰り返しています。株価は様々な要因から影響を受けており、日銀金融緩和、総理退陣、コロナショック、米大統領選挙など色々な出来事が影響を及ぼしています。その中でも、特に影響を大きく及ぼしているものを見ていきます。

【DMM 株】口座開設

 詳しく解説

 過去の日経平均株価を知ることができれば、歴史上の重要な出来事を知ることができます。特に大きな騰落幅を示しているものは、世の中の転換点となる重要なきっかけとなるものです。例えば、1987年のブラックマンデーは、-3836.48と歴史上NO1の下落幅となっています。下落率も大きかったことから、関係者に与えた影響は計り知れないものがあります。

 その他の指標についても見ていきます。次の表を御覧ください。

 当落幅ランキングで見てみると、上位に並んでいるのは、バブル期のものが多いことが分かります。それだけ1987-1992年頃まではバブル期で日本経済が最も活気に満ちていた時代でした。この時期は株価の上昇幅、下落幅も上位にかなり並んでいます。

 次にブラックマンデーを見ていきます。米国で過去最大規模の下落を受けて、日経平均もリスク回避から過去最大規模の売りとなりました。その他、リーマンショックやコロナショックなど名だたる出来事が名を連ねています。日本に及ぼした象徴的な出来事を確認できるのです。 詳しくは日経プロフィールでも確認できます。

【関連リンク】
・政治ニュース その3 菅政権誕生で地銀再編が進む
・相場事例その2 無策な経営者に沈んだパイオニア
・証券口座開設で株式投資デビュー!
・第6級 その2 世界の時価総額企業を知る
・経済ニュース その1 リーマンショックを振り返る

「ゲーム理論」って、経済学の本やビジネス書でも見かける用語で、とても役に立つらしいけれど、いざ関連書を手にとってみると、難しい。本書は、「ゲーム理論」をなんとか理解したい、数学的な理論にはついていけないがどのような考え方をする学問なのかを知りたいという、読者の切なる願いに、カリフォルニア大学バークレー校准教授の著者が応えるゲーム理論の超入門書!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です