第5級 その1 PERを知ろう

第5級 その1 PERを知ろう

 導入部分

 PERとは株価収益率のことを言います。日本の上場企業の平均値はおおよそ15倍と言われています。これを基準に高いか低いかを見ていきます。但し、PERには業界などによっても大きく乖離があるのでその点を注意しないといけません。ではこれから詳しくPERについて解説します。

【DMM 株】口座開設

 詳しく解説

 PERとは将来の業績(今期の業績予想など)を元に算出されることが一般的です。そのため、PERが割安だったとしても、将来の業績予想がより悪化するの出るのならば8倍だったとしても割安とは言えません。一方で、PERが25倍であったとしても、将来の収益がより拡大すると予想できれば、より買いと言えるのです。

 また、PERが100倍を超えるなど株価が加熱していることがあります。こうした銘柄には手を出さないようにしましょう。PERは業種などによっても適正値は異なってきます。例えば銀行などのように将来の成長性が乏しい業界はPERは低くなる傾向があります。PERを見る時は、該当銘柄のみではなく、同業他社のPERと比べてみる必要があります。

【関連リンク】
・政治ニュース その3 菅政権誕生で地銀再編が進む
・相場事例その2 無策な経営者に沈んだパイオニア
・証券口座開設で株式投資デビュー!
・第6級 その2 世界の時価総額企業を知る
・経済ニュース その1 リーマンショックを振り返る

「ゲーム理論」って、経済学の本やビジネス書でも見かける用語で、とても役に立つらしいけれど、いざ関連書を手にとってみると、難しい。本書は、「ゲーム理論」をなんとか理解したい、数学的な理論にはついていけないがどのような考え方をする学問なのかを知りたいという、読者の切なる願いに、カリフォルニア大学バークレー校准教授の著者が応えるゲーム理論の超入門書!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です